八宝茶

八宝茶

蓋のついた中国の茶器「蓋碗」

これを遣って飲むお茶を「蓋碗茶」といいます。

四川省などの茶館などででてくる形式です。

中国はモンゴルの近く、甘粛省(かんしゅくしょう)でも蓋碗茶が一般的ですが、

他の植物(ここではハーブと言っておきますね。)と氷砂糖をいれて飲みます。

これを、「八宝茶」といいます。

これが、体にいいものがたくさんはいるということで、現在は中国全土でも飲まれています。

この、「八宝茶」、入れる物によってさまざまな種類があります。

だから、自分で作っちゃってもいいよね、てことで、

お茶もハーブも効果を考えてブレンドできる

ティーコンシェルジュ的なお茶といってもいいでしょうね!

しかも、「ひとりサイズのブレンド」になるため、まさに

私のため、誰かのためにブレンドすることができるのです。

ちなみに、この、「八宝茶」、大切なものがたくさん入っているから、

演技のよい「八」をを使っていて、8個限定ブレンドではないです。

また三泡台(サンポウタイ)とも呼ばれます。

蓋碗とは、蓋、杯、受皿の3つの茶器からなるため三泡台ともいわれます。

蓋碗を使って飲むお茶なので、その茶器の名前そのままがお茶の名前にもなっています。

関連記事

ティーコンシェルジュ1級養成講座

ティーコンシェルジュ1級養成講座の画像

イタリアからドイツ、フランスへグルメとブレンドティーの旅

昨日行われたティーコンシェルジュ1級の様子です♪   昨日はヨーロッパの国々の食文化を学び、 その食事の特性に合わせたブレンドティーづくりでした。   イタリアの食文化から始まり、スペ...

ティーコンシェルジュ1級養成講座

ティーコンシェルジュ1級養成講座の画像

茶器によるお茶の○○の違いとは…??

今回は日本ティーコンシェルジュ協会の日本橋本校で行われた ティーコンシェルジュ1級養成講座の様子を少しご案内いたします♪ ティーコンシェルジュの養成講座には2級、3級もございます。 1級養成講座...

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内の画像

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内