八宝茶

八宝茶

蓋のついた中国の茶器「蓋碗」

これを遣って飲むお茶を「蓋碗茶」といいます。

四川省などの茶館などででてくる形式です。

中国はモンゴルの近く、甘粛省(かんしゅくしょう)でも蓋碗茶が一般的ですが、

他の植物(ここではハーブと言っておきますね。)と氷砂糖をいれて飲みます。

これを、「八宝茶」といいます。

これが、体にいいものがたくさんはいるということで、現在は中国全土でも飲まれています。

この、「八宝茶」、入れる物によってさまざまな種類があります。

だから、自分で作っちゃってもいいよね、てことで、

お茶もハーブも効果を考えてブレンドできる

ティーコンシェルジュ的なお茶といってもいいでしょうね!

しかも、「ひとりサイズのブレンド」になるため、まさに

私のため、誰かのためにブレンドすることができるのです。

ちなみに、この、「八宝茶」、大切なものがたくさん入っているから、

演技のよい「八」をを使っていて、8個限定ブレンドではないです。

また三泡台(サンポウタイ)とも呼ばれます。

蓋碗とは、蓋、杯、受皿の3つの茶器からなるため三泡台ともいわれます。

蓋碗を使って飲むお茶なので、その茶器の名前そのままがお茶の名前にもなっています。

関連記事

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内の画像

つくば守谷教室 横田裕美先生による「LALAガーデンつくば」イベント講座のご案内

【新規 開校】静岡県に認定校 静岡校が開校!

【新規 開校】静岡県に認定校 静岡校が開校!の画像

【新規 開校】静岡県に認定校 静岡校が開校!

~錦糸町校 堀田周江先生~ 4月末GWの3級集中コースのご案内

~錦糸町校 堀田周江先生~ 4月末GWの3級集中コースのご案内の画像

~錦糸町校 堀田周江先生~ 4月末GWの3級集中コースのご案内