バタバタ茶を作りました。

バタバタ茶を作りました。

東京 有楽町駅の近く、交通会館の地下に

いきいき富山館があります。

ここに、富山県の朝日町というところで作られる、

「ばたばた茶」が売っています。

よく知られるところのプーアール茶と似た作り方をした黒茶です。

日本ではとても珍しい作り方です。

これはそのまま煮出して飲んでもおいしいですが、

この朝日町の飲み方を真似してみました。

お茶は1時間ほどよーく煮だします。

すると、白く濁ったお茶になりました。

これを陶器のお茶碗にいれ、茶筅の先に塩をすこしつけ

おうすをつくるように点てます。

2分ほどで、表面が白い泡で覆われました。

これを、漬物などと一緒に飲むそうです。

塩気のある味なので、漬物やご飯にあいそうです。

そして、煮出したままのお茶よりも、まろやかな味でした。

このような「振り茶」は日本各地に残っています。

お米や豆類を入れて、簡単なご飯のかわりのように

飲んだという歴史もあるそうです。

お茶が嗜好品ではなくて、食事の一部だったことが

とてもよく感じられるお茶でした。

関連記事

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 韃靼蕎麦茶

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 韃靼蕎麦茶の画像

香ばしい香りでほっと一息 ~韃靼蕎麦茶~

黄色い水色がきれいな韃靼蕎麦茶

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 中国茶

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 中国茶の画像

歴史を感じる中国茶 ~鳳凰単そう 黄枝香~

中国茶でひとやすみ♪

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 台湾の烏龍茶「凍頂烏龍茶」

ティーの専門家ティーコンシェルジュが教える 台湾の烏龍茶「凍頂烏龍茶」の画像

凍頂烏龍茶の華やかな香りでリラックス♪

台湾烏龍茶でリラックス