日本ティーコンシェルジュ協会公式ブログ 身体を温めるジンジャー

身体を温めたい時に ~有機ジンジャー~

 

今年も残り僅かとなり、少しずつ寒さも身にしみてくる季節になりましたね。

手足が冷えるという方も多いと思います。

特にコロナの影響もあり、お店や職場でも換気を行うことも多いかと思います。

 

飲み物からも身体を温めたい!という方に、今日は有機ジンジャーのご紹介です。

ジンジャーは体を温めるということは皆さんご存じかと思います。

ジンジャーには生とドライタイプがありますが、

ティーとして飲んだりブレンドする際にはドライタイプのジンジャーを使われることが多いかと思います。

 

ドライタイプのジンジャーは体の芯から温めてくれるので、

心臓から血液を手先まで届けてくれるようなイメージで体をぽかぽかさせてくれます。

乾燥させたハーブティーのジンジャーは、生の生姜にはない成分が含まれています。

その成分が身体の深部をあたため、あたたまった血液が全身をめぐるので

身体全体があたたまります。

一方、生姜は全身に血液を送るからこそ

深部が冷えるといわれています。だから漢方では

深部が冷える効果を生かして、更年期症状のなどの緩和のために

内熱をとる食材として利用されています。

植物を乾燥させて利用するとさまざまな栄養成分が

増えるのは、昔から知られている方法です。

例えば、「干ししいたけ」もその一つです。

日本人ならほとんどの方が、生のしいたけより

干しシイタケのほうが、「だし」がよく出るのは

ご存じだと思います。

世界のハーブティーには、世界の先人たちの知恵がつまっているのですね。

日本ティーコンシェルジュ協会でご提供している有機ジンジャーは甘い香りとのど越しで感じるスパイシーさが特長です。

シングルティーとして、またブレンドティーとしてもお愉しみいただけます♪

 

<商品情報はこちらから>

有機ジンジャースライス(リーフタイプ80g) [4589702183304]

販売価格: 930円(税別)

(税込: 1,004円)

https://www.nagomi-natulure.com/product/5432



関連記事

ハーブティーやお茶、コーヒーの美味しさと成分の違いについて

ハーブティーやお茶、コーヒーの美味しさと成分の違いについての画像

ハーブティーやお茶、コーヒーの美味しさと成分の違いについて

今回はハーブティーや紅茶、日本茶、中国茶、コーヒーの美味しさや栄養成分の差、つまり品質の差についてのお話です。 ハーブティーや紅茶、日本茶、中国茶、コーヒーは乾燥しているのでどんな保管方法でも...

日焼けと乾燥には、ビタミンCの含まれているハーブティーがおすすめ

日焼けと乾燥には、ビタミンCの含まれているハーブティーがおすすめの画像

日焼けと乾燥には、ビタミンCの含まれているハーブティーがおすすめ

今回は前にもふれたビタミンCとメラニンのお話を振り返りましょう。 ・まずはよく耳にするメラニン色素について メラニン色素とは人体で作られる色素です。
皮膚のすこし奥にはメラノサイトという細胞が...

秋には夏の疲れた肌を回復する美容成分の含まれているハーブティーがおすすめ

秋には夏の疲れた肌を回復する美容成分の含まれているハーブティーがおすすめの画像

秋には夏の疲れた肌を回復する美容成分の含まれているハーブティーがおすすめ

夏の強い日差しを浴びると秋には肌のきめが粗くなったような気がしませんか? あるいは肌がちょっといつもより硬いかも?なんて。 それは紫外線から皮膚が身体を守ろうとするホメオスタシスの機能なので
よ...